ペニス 大きく 方法

楽にペニスを大きくする増大方法|巨根になるための秘策

短小ペニスを楽に大きくするための増大方法と成分について紹介しています。

 

世の中には短小ペニスにコンプレックスを持っている男性を狙って、いかにもペニスが大きくなるような詐欺サプリを平然と販売している悪徳メーカーがたくさんいます。

 

僕も何の知識もなく「このサプリならビッグな男になれるかも!」、「この増大器具なら効果がありそう!」とたくさん購入しては期待を裏切られてきました。小さいムスコが大きくなると期待しながら6ヶ月くらい増大サプリを飲んでも、全く効果がない詐欺サプリだと分かってショックを受けた人もいるでしょう。

 

ちゃんとした知識がないと詐欺サプリや皮を伸ばすだけの器具ばかり購入するハメになるなります。

 

なるべくなら、面倒くさいことはせずに楽にペニスを大きくしたいと思うのが人間です。ですから、たくさんあるペニス増大方法の中から効果の高いものを紹介します。

 

本当に効果の出るペニス増大方法って何?

 

ペニスを大きくする増大法ってたくさんあって、どの方法を選んだら良いか分からないと思います。

 

増大法としては

 

・増大手術
・増大器具
・ペニスのトレーニング(チントレ)
・サプリメント

 

以上の方法があります。

 

・増大手術

 

まず、手術ですが一番即効性と効果の高い増大法です。まあ、直接身体をいじくるわけですから当然ですね。ペニス増大の手術には2種類あります。ペニスの長くする手術とペニスの太さを太くする手術です。

 

ペニスを長くする手術は身体に埋まっているペニスの一部を引っ張って、止めることでペニスを長くする方法です。

 

手術のデメリットは他人にペニスを見られる恥ずかしさと手術に対する恐怖を感じることです。恥ずかしさや恐怖よりも「ペニスが短い方が問題なんだ!早くデカくしないとヤバイ!」という、早く結果を出さないといけない人には打ってつけの方法です。

 

もう一つのデメリットは手術費用が高額という点です。他のどの増大方法よりも費用の桁が1つ違います。大体のペニス増大手術の費用は数十万円はしますので、1ヶ月分の収入をまるまる使ってしまうので、金銭面的にもあまりオススメできない理由です。

 

・増大器具

 

ペニス増大器具には2種類のタイプがあり「ポンプ型器具」と「引っ張り型の器具」となっています。先に結論を言ってしまうと、増大器具ではほとんど増大効果は望めません。

 

効果がないのに、ペニスへの負担が大きく使用中にかなりの痛みが発生し、下手をするとうっ血するケースもあります。しかも、製造方法が雑なのか、買ってからすぐに壊れる増大器具も珍しくないため、資金的な余裕があり「一度は試してみたい」というチャレンジャー精神溢れる人だけやってみれば良いという程度です。

 

・ペニスのトレーニング(ペニトレ)

 

次に紹介するのが、自宅でもできるペニス増大方法のペニトレです。

 

手術やサプリメントにお金を使わずにペニスを大きくしたいなら、このペニトレが一番です。無料で短時間で終わりますが、効果を感じるまで時間がかかるのがデメリットですね。

 

手術の説明をした時に「身体の中に埋まっているペニスの一部を引っ張り出す」と言いましたが、ペニトレをやることで自分だけでも、ちょっとづつ引っ張り出していくことが可能です。
やり方を間違えると皮が伸びるだけなので、やり方を間違えないように!

 

ペニトレ:ジェルキング

 

ジェルキングは亀頭に血液を集めるトレーニングです。ジェルキングはチューブに入った歯磨き粉を搾り出す感じをイメージしてもらえらば、分かりやすいと思います。

 

やり方自体は簡単です。半勃起している状態で親指と人差し指で輪っかを作り、順手で根本から亀頭部分にかけて血液を搾り出していきます。カリ部分に到達するまで、ゆっくりずらして行き、速度は2〜4秒くらいかけて亀頭に着く感じです。ペニスの先がパンパンになったら、手を離して開放する。

 

この時に大事なのが、亀頭に血液が集めていると意識して取り組むことです。意識しないとやり方が適当になりがちで効果が半減するからです。

 

ジェルキングのトレーニング時間は10分程度を目安に左右交互にトレーニングします。ペニスを痛めないようにトレーニングする時はローションなどの滑りを良くする潤滑剤などがあればスムーズに行なえます。

 

・増大サプリを飲む

 

手術費用並の金額は出せないけど、数千円から数万円くらいのちょっとした自分への投資ができる人には「増大サプリ」がオススメです。

 

当サイトでは一番オススメできる増大方法です。オススメの理由は「サプリを飲むだけという簡単さ」です。